ページ

2012年5月1日火曜日

ノートで自分の客観性を養う

Nao

おっす!ふじもなおです!

みんなはノートつかってますか?

わたしはねー、うふふ☆ 使ってなかったー☆

ある手帳術の本も書かれた大先生から、ノートの重要性についてお聞きしました。

「ノートに考えを書いていくと客観的に自分を見ることが出来る(ぼかし済)」

このお言葉の”客観的に自分を見る”というところが心に響き、わたしもノートを使いたい。
いや使うんだ!やってやんぜ、待ってろ客観性!

ということで購入しました。

 

写真 1

 

MIDORIのマイノートという素敵なノート。

いやもうなんていうか、手帳に近い感じのデザイン。

 

写真 2

 

これの素敵なところ。まず1つ。

表紙と中の紙の配色がおしゃれ。しゃれおつ。
わたしは黄色が一番映えてて素敵だと思ったので黄色にしたのですが、黄色と水色の組み合わせがいい。

 

写真 3

 

そして2つ目。
開くとまるで文庫本の中表紙のような素敵さ。

 

写真 4

 

3つ目。これまた手帳のような紐がついている。
この紐もすごくシンプルだけどおしゃれ。

 

写真 5

 

4つ目。
実は中に1ページだけ四つ葉のクローバーのプリントがされている。

書き続けていけば幸せ見つけちゃえるわけですよ。

まあ、こんな感じでノートは買えたわけですがボールペンをどうしようかなあと。
ボールペンの書き心地やグリップや滑りをこだわっても、結構値段が高かったりデザインが気に入らなかったり。

なのでシャープペンシルで良いのを見つけてきちゃいました。

 

写真 1

 

ノートの側面と同じような水色のシャーペン。
水玉がすごくかわいい。

 

写真 2

 

そして差し込むところがぴったり!

 

写真 3

 

見て、このノートが発する「こいつ俺のだから」感。
見て、このシャーペンが発する「運命の人見つけたわ…ずっと寄り添っていたい」感。

もうこれしかない。と、値段を見て500円超えてた。
ワンコイン超えちゃったこれ。

でももうこれ以外思いつかなかったので「使うので、買って下さい」と旦那にお願いして購入決定。

早速書き書き。

ロフト前でベンチに座って書いてみる。

 

写真 4

 

書き心地もなかなか。そして外で使う自分の姿も十二分に想像出来る。
とりあえず今日も自分の思考をざっくりと書いていってます。

とにかく外に出る時は絶対に持ち歩く決意をしました。

0 件のコメント:

コメントを投稿