ページ

2012年6月15日金曜日

語り尽きないテイルズのお話

Nao
 ふじもなおです。

 あまりこういうのは書いたことがないのですが

 今日は私の好きなゲームのお話を。



私がテイルズオブシリーズと出会ったのは、遅くも高校入学当初。

プレイステーションで発売されていたテイルズオブデスティニーという作品でした。
いのまたむつみ先生のイラストがとても印象的で、その頃にはようやくRPGをプレイすることにも慣れてきていたのでプレイしてみたら戦闘システムが難しくて、その時は実は投げ出してしまいました。

そしてその少し後、プレイステーション2で発売されたテイルズオブデスティニーの続編、テイルズオブデスティニー2と出会ったのです。

デスティニーよりも戦闘システムが少し簡易的になっており、すぐに飲み込めました。
何よりもいのまたむつみ先生の描くキャラクターがもうとても素敵で、ヒロインのリアラという女の子と天才科学者のハロルドという女性に惹かれて画面にしがみつき、ずっとプレイしていました。

その後初代のテイルズオブファンタジアから順にプレイしていき、今に至る…というわけです。

今ではすっかりテイルズオタク。
いのまたむつみ先生のテイルズ画集も購入し、今では攻略サイトがありますが当時はインターネットがそこまで普及していませんでしたので分厚い攻略本を買い漁ったり、4コマ漫画やアンソロジーを購入したりと、そういう経歴が積み重なっているぐらいです。
(グッズ系はあまり購入はしておりません)

今のところ、未プレイはテイルズオブバーサス、レディアントマイソロジー3、テイルズオブザヒーローズツインブレイヴとなります。
(モバイル、PCのゲームには基本的に手を出しません)

その中でストーリー、キャラクター、音楽、戦闘システムごとに良かったものをご紹介します。
させてください。

 

ストーリー

テイルズオブデスティニー2

上記作品が私の中では一番素晴らしいと考えております。
はい、勿論個人の選定ですので異論はどうぞ胸にお仕舞いください。

この作品の中では、神や英雄といったキーワードがたくさん出てきます。
むしろこれ無しではストーリーは進まないと言っても過言ではありません。

少々ネタバレですのでご注意を。



一番気に入ったのはストーリー中、”幸せとは何か”という思考を各キャラクターが巡らせていくのですが、主人公とヒロインがここで思考のあまりの差に大きな喧嘩に発展するほど論議を繰り広げます。
結局その答えもはっきりとはしないのですが、はっきりとしているのは”本来あるべきであっただろうたくさんの人生を犠牲にする「幸せ」は自分たちが許せない”という主人公サイドの思考です。
この思考に嫌気を示す人も少なからずいたはずです。

ですが個人的には上記の流れがとても人間らしい思考で私は好きでたまらないのです。
結局の所、何が正しく何が間違っているのか結論を出すのは自身の感情とこれまでの経緯です。
全てを善へ向けて考えても、どこかで苦しむ人は存在する。

ここまで追求したストーリー…を製作者側が計算の上で作ったかどうかはわかりませんが、わたしは何度も何度もこの作品をプレイしています。

デスティニーとの若干の矛盾が生じているのが少々惜しいのですが。

 

キャラクター

テイルズオブヴェスペリア

ストーリーでデスティニー2の次にこちらが来るのですが差はとても開いています。ストーリーちょっと惜しい。

さて、キャラクターの作りとしては一番はヴェスペリアという上記作品になります。

何がいいか。主人公と親友のキャラクター作りが素晴らしいと思いました。

”正義を貫き通すRPG”と銘打っているだけあり、主人公と親友どちらにも自分の正義があります。
片方は法を犯してでも成すべき正義があると考え。片方は法は尊守すべきものであり、それを犯すのは正義ではないと考える。

この2人、そしてヒロインが主となりストーリーが進んでいくのですが、どのキャラクターもバランスが取れていて見ていて楽しくなります。

ヒロインのカゴから投げ出された鳥がどうしていいかわからず、右往左往するような覚束ない様子。
研究に没頭することで関わる事がなかった人間関係に動揺する少女。
今まで何も成せずに怯えていたけれど、前へ進む少年。

などなど。コレ以上のキャラクター紹介はネタバレになるので割愛。

全く違う正義を胸に刻んだキャラクターがそれぞれ前に進んでいく様は、見ていて微笑ましく、素敵なキャラクター作りだったと思えます。

 

音楽

テイルズオブレジェンディア

がらっとキャラクター担当のイラストレーターさんが変わってしまい、テイルズファンの方がとっても驚いたであろう作品です。

ぶっちゃけるとキャラクターもストーリーもとても素敵でした。
が、テイルズである必要はあったのだろうかと思った程にシステムが違いすぎてそれが少々残念なところ。

ですが音楽に関してはもう多分コレ以上無いんじゃないかと思うぐらい、すっごく素敵なものでした。

”伝説”というキーワードが肝になっているストーリーなのですが、ダンジョンや街、発見される様々な遺構のようなものも全て神秘的な外見で構成されています。
その外見に合うように作られたであろう音楽が更に雰囲気を作り出していて、ずっとウロウロしていたいぐらいでした。

個人的には戦闘システムを改善してリメイクしてくれれば…なんて考えているぐらい惜しい作品です。

 

戦闘システム

テイルズオブグレイセス

もうこれは絶対異論がある!とにかく意見が分かれる!!
だって戦闘システムって作品によって全然違ってて、個々に合ったものが必ずあるんだもの!

でもあえて言っちゃうと私は断然グレイセスでした。

すっごいヴェスペリアと迷ったのですが、ヴェスペリアは少々簡易的すぎる気もしました。
ある程度のレベルと術技が豊富であれば楽勝になるんです。少々物足りない感…。

最初は「え?なにこの戦闘システム…わけわかんない」となって投げ出したくなりそうでしたが、プレイを重ねる内に戦闘で暇になる時間がかなり少ないということに気付きました。

私はどちらかと言えば後衛タイプで、術で叩きながらコンピューターに任せていられない回復を程良くして…というスタイルをずっと貫いてきました。
ですがグレイセスは”それがやりにくい”のです。

「後衛?前衛?馬鹿言うな、ここには前衛と中衛しか存在しない」

という程に敵の接近が早く、術に頼っていようものなら誰かが死んでしまい(主に紙防御と呼ばれるキャラクターが存在します)追い付かなかったり、回復だけに専念していたら間合いを取られ背後から叩かれたりします。

ですので戦闘序盤の内に厄介な敵を即座に探し出し、先に叩いて術に専念する…など色々と戦闘に工夫を凝らさなければならない。
これがもうとてつもなく大変だし、死んでいるキャラクターのせいで窮地に陥ると苛々したりと面白くてたまりません。

というわけで戦闘システムの面白さでは私はグレイセスを一押し!


というわけで好き勝手に長々と書かせていただきましたが、ここまで読んでいる方ぶっちゃけいるのかしら…というぐらい濃厚すぎました。
ただし、これでも全く語り足りません。

もしテイルズに関して一緒に語り合いたいと言う方がいらっしゃいましたらご一報を。

時間の許す限り、語り尽くそうじゃありませんか。

2 件のコメント:

  1. こういう話は面白いですね。私もゲーム好きですよ。

    返信削除
    返信
    1. ありがとうございます!
      ゲームが好きな方はどうも語りが長くなってしまいますよね(笑)

      削除